6/24(木)沖縄が熱い!ハンドボールが熱い!地方のマイナースポーツチームをスポンサーする意義 ~沖縄をハンドボールで盛り上げる琉球コラソンの挑戦~

3月16日に行われるSSNが主催するイベント(セミナー)のご紹介です。

沖縄が熱い!ハンドボールが熱い!地方のマイナースポーツチームをスポンサーする意義
~沖縄をハンドボールで盛り上げる琉球コラソンの挑戦~

日時:6月24日(木)19:00~21:00
開催方法:オンラインzoom
参加費:1000円
ゲスト:石田 孝一氏(琉球コラソンGM)

小学校4年生からハンドボールをプレー。大学卒業後、入団予定チームから入団直前に断られる。琉球コラソンのトライアウトを受け見事合格、2008年に入団。2012年からは選手兼任でチーム運営にも携わる。2020年選手兼GMとなり、2021年現役を引退しGM一本でチームの再建に力を注ぐ

こんな方にお勧め

  • スポーツにスポンサーしたい企業の方
  • 地方自治体関係者
  • 地元を盛り上げたいと思っている企業の社長
  • 地方創生に取り組みたいと思っている方
  • スポーツと地方創生というテーマに興味のある方
  • スポーツビジネス関係者

>申し込みはこちらから
(沖縄が熱い!ハンドボールが熱い!地方のマイナースポーツチームをスポンサーする意義
~沖縄をハンドボールで盛り上げる琉球コラソンの挑戦~)

概要

スポーツチームにスポンサーするとはどういうことなのか?それが、地方のましてやマイナースポーツのスポンサーとなればなおさらである。

今回は日本ハンドボールリーグに所属する琉球コラソンでゼネラルマネージャーを務める石田孝一氏に琉球コラソンの現状とスポンサーする意義についてお伺いする。今年の5月に、以前よりスポーツ熱が高いと言われる沖縄の地に日本最高峰のアリーナと評判の沖縄アリーナが完成した。一方、ハンドボールにおいても、2021年1月に行われた世界選手権で、1997年大会以来のメインラウンド進出をはたし、「史上初のメインラウンドでの勝利」も記録した。また、本年4月より日本ハンドボールリーグの事務局長に元Bリーグ事務局長の葦原氏が就任し、リーグの改革機運が高まっている。そんなハンドボールで沖縄を盛り上げるためにコラソンと企業がタッグを組んで出来る事を考えていきたい。

琉球コラソン

HOME

 

 

>
CTR IMG
PAGE TOP