USCの体験レッスンについて

体験を申込む

 

USC Methodとは?

私たちには、「遺伝子」や「身体的特性」などの生まれ持った先天的な能力があり、それらは先祖から受け継いでいるものです。それらを検査・計測した結果の科学的根拠に基づいた一人一人の「オリジナルプログラム」を作成いたします。その結果、その子の年齢・発達ペースに適したトレーニングプログラムを行う事で、高い成果に結びつきます。

 


またUSCでは、その子の身体特性を把握した上で、主に「コーディネーショントレーニング」を取り入れて組んだオリジナルプログラムを通じてその子の身体能力を最大限に引き出します。「コーディーネーショントレーニング」とは、成長過程で養う「7つの能力」を高める為のトレーニングで、とくに5歳~10歳頃は、子どもの成長の中でも最も神経系が発達する時期の「プレ・ゴールデンエイジ」と呼ばれています。このタイミングにこれらの7つの能力を刺激する事で運動神経を最大限に高める事が可能となります。

運動神経は「遺伝」だけでなく、「環境」によっても大きく影響を受けます。神経系の発達は、20歳を100%とした場合、5歳頃にはその約80%に達し、12歳頃にはほぼ100%に達します。この5歳頃~12歳頃の間に、どのようなカラダの使い方をしたかが、その人の運動神経のよしあしに大きく影響します。